【BybitへSWEAT送金】Sweat Wallet(スウェットウォレット)活用

WEB3.0

こんにちは。甘鯛です。
今回は「Sweat Wallet(スウェットウォレット)からBybitへSWEATの送金・換金」がテーマ。
本記事は以下の読者様の課題解決にお役立ちできる内容となっています。

・Sweatcoinで貯めた仮想通貨SWEATをBybitへ送金する方法を知りたい方、
・仮想通貨SWEATを他の仮想通貨に換金する方法を知りたい方、
・最終的に仮想通貨SWEATを日本円に現金化するやり方を知りたい方、
謎スリー
謎スリー

Sweatcoinは無料でできるから始めてるよ!
けど、SWEATってどうやって取引所に送金したり換金するのかわからない,,,

無料で始めることができるMove to Earn(歩いて稼ぐ)として、
世界中で大きな注目を集めているプロジェクトがSweatcoin(スウェットコイン)です。
2022年9月にはプロジェクトの仮想通貨SWEATが大手取引所にて上場し、
Web3.0関連プロジェクトとして正式にローンチされました。

大きな話題となっているSweatcoinの専用ウォレットであるSweat Walletの活用法の1つとして、
SWEATが上場している仮想通貨取引所への送金機能(Transfer)があげられます。
Sweat Walletで貯めた仮想通貨SWEATを日本人に強い人気を誇るBybitへの送金方法をまずは解説。
Bybitに着金したSWEATを他の仮想通貨に換金して、
日本の国内取引所に送金し売却することで日本円として現金化することももちろん可能です。

本記事ではSWEATの送金・換金・現金化まで
まさに川上から川下までの一連を各工程を明示しながら詳細な解説を進めていきます。
目的としては本記事を通じて、読者様がSweat Walletを安全に利用し、
SWEATの管理・運用を知って頂くこと。加えて、Sweatcoinを安全かつ効率的に活用することで、
SWEATで稼いでいく活用術を身につけ実践にお役立て頂くことになります。

結論:SWEATの送金・換金はBybit&コインチェックの組合せがおすすめ

早速ですが本記事の結論から!

Sweat Walletで管理するSWEATの送金先で便利なのは仮想通貨業界をけん引するBybit
日本円の換金までを踏まえると国内最級の取引所コインチェックとの組み合わせがおすすめ

Sweacoinアプリを通じ歩くことでSweatcoin(アプリ内ポイント)を稼ぎ、
1Sweatcoin=1SWEAT(仮想通貨)としてSweat Walletに連携させることで自動的に貯まっていきます。
SWEATは海外の限られた取引所で2022年9月に仮想通貨として正式に上場を果たしました。
(本記事の執筆時点では日本国内の取引所での上場はなされたおりません。)

上場先はいずれも世界を代表する取引所です。
中でもBybitは全て日本語で対応で日本人にとっても利便性が高く
価値あるサービスを多く提供しているのが特徴でSWEATの送金や換金などもスムーズでおすすめ

また、Bybitから日本国内の取引所にビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を送金し、
日本円に換金する上で利点が大きいのがコインチェック国内最大級の取引所でありながら、
取引所手数料が抑えられ豊富な実績とサービスが素晴らしく利用価値は大いにあります

以降ではSweat Wallet内の仮想通貨SWEATをBybitに、
送金する詳細な手続きに加え、BybitでSWEATを他の仮想通貨と換金する方法を解説。
上記の後にBybitで換金した仮想通貨をコインチェックに送金し、
日本円として現金化するまでのトータルの流れ・手続きを丁寧に解説していきます。

Sweat WalletからBybitにSWEATを送金し換金する方法

Sweatcoinアプリで歩くことでSweatcoin(アプリ内ポイント)が還元。
SweatcoinアプリとSweat Walletと連携しておくことで、
1Sweatcoin(アプリ内コイン)=1SWEAT(仮想通貨)としてSweat Walletに自動変換されます。
Sweatcoinに関しては以下記事にてゼロから丁寧に解説していますので、ぜひご参照ください。

Sweatcoinと連動するSweat Walletについては、
【連携・使い方】Sweat Wallet(スウェットウォレット)を解説【最新版】にて徹底解説。
Sweatcoinアプリとの連携方法はもちろん、各種機能、使い方を網羅的にカバー。要チェックです。

Sweat Walletで貯めた仮想通貨SWEATについて、
SWEATの上場先であるBybitに送金、換金方法や手続きを5つの手順からチェックしていきます。

手順 ①:Bybitの口座開設

まずはBybitの口座解説を行うところからです。

Bybitの概要&特徴

Bybitについて理解しておくべき概要は以下の通り。

名称Bybit
(バイビット)
公式サイトBybit
公式Twitter@BybitJP
本社所在シンガポール
事業開始時期2018年
運営会社Bybit Fintech Limited
取引可能な国や地域160ヶ国以上
全世界ユーザー数1,000万人以上
主要取り扱い銘柄BTC・ETH・XRP・MATIC・EOS・LTC・USDT
XTZ・LINK・UNI・ADA・DOTなど
取り扱い銘柄数約220銘柄
レバレッジ取引BTC100倍、アルトコイン50倍
現物取引手数料メイカー:0.05%
テイカー:0.02%
(*vipレベルによって異なります)
ロスカットシステムロングポジション /(平均参入価格 x レバレッジ) ÷ レバレッジ + 1
ショートポジション /(平均参入価格 x レバレッジ) ÷ レバレッジ – 1
日本語対応各所非常に充実
代表的なサービス・ローンチパッド / プール
・Bybitステーキング
・流動性マイニング

海外取引所BybitではSWEATはもちろん、新規通貨の上場がいち早く行われるのが特徴。
ステーキング、ローンチパッドなど多種多様なサービスに加え、
ユーザーに対する還元キャンペーンも多く展開している世界を代表する仮想通貨取引所です。

Bybitに関して把握しておくべき特徴は以下の通り。

日本人が安全に利用できる各種サポートが充実
最大100倍のレバレッジ取引
クレジットカードを利用して注文が可能
世界規模の莫大な取引ボリューム
サーバー・セキュリティがともに強靱
各種取引手数料が安価で安心の取引サービス

グローバルに仮想通貨業界をけん引する取引所なので、
有益なプロジェクトにアクセスする際の起点になることが多く利用価値は絶大です。
Bybitの口座開設がまだの方は、以下より口座開設を行うことで、
お得な特典をゲットできる絶好のチャンス。ぜひこの機会に口座開設をおすすめします。

20ドル相当のウェルカムボーナス&最大4,150ドル相当のお得な特典を獲得

手順 ②:BybitのSWEAT送金アドレスの確認

続いては、Bybit内にあるSWEATの送金アドレスをチェックする必要があります。
Sweat Walletがスマホ対応アプリなのでBybitもPCではなくスマホアプリで進めていくのがベター。

Bybitトップトップページより「資産」、次ページの「入金」タップ。

上記のように各銘柄をサーチできるバーが上部に表示されるので、バー内に「SWEAT」を入力。

手順 ③:BybitでSWEAT送金アドレスをSweat Walletにペースト

すると、下記のようにBybitにおけるSWEATウォレットアドレスが表示されます。
「NEAR」を選択し入金用アドレスをコピー。必ず「NEAR」を選んでください。
SWEATで用いられているメインチェーンがNEAR PROTOCOLだからです。

BybitにてSWEATの入金アドレスを必ず間違いないようにコピー
次にSweat Walletアプリを開いておきます。Sweat Walletトップページ「Transfer」をタップ。

「Transfer」をタップすると「Send」「Request」ボタンが表示されるので「Send」をタップ。
上記の通り「@username」か「address」の入力バーが出てきますので、
先程Bybit上でコピーしたSWEATの入金アドレスを間違えないようにペーストします。

手順 ④:Sweat WalletでSWEATの数量選択&送金実行

正しくSWEATの送金先アドレスをペーストすると、
以下のようにチェックマークと「We found a wallet with this name.」が示されます。

「Continue」をタップしていきます。送金先の再確認、送金するSWEATの数量を入力。

送信先、送金するSWEAT数量に間違いないことを最終確認の後、左から右にバーをスライド。
すると「Congratulations」が表示されますので、SWEAT送金手続きの全てが完了になります。

手順 ⑤:BybitにてSWEATの着金を確認

無事にSweat WalletからBybitへSWEATの送金が済むと、入金確認メールがBybitより届きます。
混雑具合によってトランザクション速度は前後しますがSWEATの場合、約3分~約10分。
私自身、同手続きで4回SWEATを送金しましたが、3分程で完了しています。
あくまで個人の所感ではありますが、BTCやETHなどよりも送金スピードはわずかに早い印象。

また、もちろんですがBybitからも送金内容を確認することが可能。
Bybitトッページ「資産」をタップし、アカウント一覧より最上部の「現物」をタップします。

すると、送金したSWEATが保有する現物一覧に反映されています。

枠をタップしていくと上記の通り、実行したSWEATの送金詳細をチェックすることができます。
以上がSweat Wallet内のSWEATをBybitに送金するまでの一連。
先述の通りトランザクションの混雑次第ですが、手順②~手順⑤までにかかる時間は約5分です。

BybitでSWEATを換金する方法

Bybitで上場しているSWEATのペアは米ドル連動のステーブルコインUSDT(テザー)です。
Sweat WalletからBybitに送金したSWEATをBybitで売却しUSDTにする手順をまずは解説。
次項では日本円に換金する工程までをカバーしていきますので、
USDTをBTCに換金し国内仮想通貨取引所に送金できる状態にするまでを本項で扱っていきます。

手順 ①:数量&売値を決めSWEATを売却しUSDT(テザー)に換金

Bybitトップページより「取引」をタップし、銘柄検索から「SWEAT」を選択。
先述の通りBybitではSWEATのペアがUSDTに限られていますので「SWEAT / USDT」になります。

「売り」をタップし売却希望価格入力すると、
同等のSWEATの数量が表示されるのでチェックの後に「SWEATを売り」を選択。
「注文価格」「注文数量」などの条件を確認し最後に「SWEATを売り」をタップすると売却完了。

手順 ②:USDT(テザー)でBTC(ビットコイン)を購入

続いて、国内取引所に対象仮想通貨を送金するためにUSDTでBTCを購入していきます。
現状では国内取引所でのUSDTの扱いはありませんので、
Bybit上でBTC、ETHなどの主要通貨の換金しておくのが必須。今回はBTCを例に取り上げます。

Bybitトップページより「取引」をタップし、銘柄バーより「BTC / USDT」ペアを選択。
BTC価格、BTC数量などの条件をチェックし「BTCを買い」に進みます。
「注文価格」「注文数量」などを最終確認し「BTCを買い」をタップすれば注文完了。

Bybitから国内仮想通貨取引所への送金方法&換金方法

BTCをガチホ(中長期の保有)していく方針の方は前項の作業まででOK。
ですが、最終的に日本として現金化するためには、SWEAT→USDT→BTCの一連の換金作業に、
もうひと工程としてBTCを国内仮想通貨取引所に送金していく必要があります。
1つ1つ手順を丁寧に説明していきますのでご安心ください。

手順 ①:国内仮想通貨取引所コインチェックの口座開設

以降では国内取引所としておすすめのコインチェックを例に順番に解説を進めていきます。

コインチェックの概要&特徴

国内最大級の取引所コインチェックの概要は以下の通り。

名称Coincheck
(コインチェック)
公式サイトコインチェック
公式Twitter@coincheckjp
本社所在日本
運営会社コインチェック株式会社
(マネックスグループ株式会社の完全子会社)
金融庁事業者認可関東財務局長 第00014号
ユーザー数256万以上
主要取り扱い銘柄BTC・ETH・ETC・LSK・FCT・XEM・XRP
LTC・BCH・MONA・XLM・QTUM
BAT・IOST・ENJ・OMGTなど
取り扱い銘柄数約18銘柄
レバレッジ取引扱いなし
取引手数料メイカー:0%
テイカー:0%
(*BTC現物取引の場合)
日本円の入出金手数料入金:0円(銀行振込)
出金:407円
ロスカットシステム扱いなし
代表的なサービスCoincheck NFT(β版)
Coincheck貸暗号資産サービス
・Coincheckつみたて

Bybitからビットコイン(BTC)を国内の仮想通貨取引所に送金する工程では、
安全に仮想通貨を扱っていく国内取引所が必須。実績豊富のコインチェックをおすすめします。
ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)に加え、主要アルトコインの取り扱いも充実。
国内外の取引所への仮想通貨の送受金も簡潔な操作でスムーズに行えるのが嬉しいところ。
コインチェックに関しておさえておくべき特徴を整理すると以下の通りになります。

国内最大級の仮想通貨取引所 
仮想通貨取引所アプリのダウンロード数No.1
(※ 対象:国内の仮想通貨取引アプリ、データ協力:AppTweak)

東証プライム上場のマネックスグループ傘下で徹底したセキュリティ体制
国内取引所トップクラスの18種類の仮想通貨銘柄の取り扱い実績
国内取引所で初のNFTマーケットプレイスCoincheck NFT(β版)では手数料が無料
初心者にもわかりやすい操作でシンプルなインターフェースに定評あり
コインチェック

私自身、4年以上、コインチェックを使用していますが、
特に⑥であげたシンプルで無駄のないユーザーインターフェースで大変使いやすいのでおすすめ
ネット銀行や証券の画面上でありがちな「わちゃわちゃ感」が排除されスッキリしているので、
初心者にとっても安心・安全に利用することができる実績に裏打ちされた取引所になっています。
実際に多くの仮想通貨ホルダーがコインチェックを利用中。他取引所と比較しても差は歴然です。

まだコインチェック の口座をお持ちでない方は口座開設をしておくと、
今後の国内での仮想通貨取引のベースになりますので、ぜひ口座開設を済ませておきましょう。

最短5分で完了する無料の口座開設はこちら

手順 ②:対象仮想通貨の送金アドレスの確認&コピー

まずはコインチェックのトップページ(PC版)より、「暗号資産の受取」をクリック。

次に「ビットコイン」を選択し、
「ビットコイン通常入金用アドレス」を間違えのないようにコピーしておきます。

注意書きにも記載の通り、対象仮想通貨のアドレスは必ずミスのないようにご注意ください。
執行は取り消し不可で誤ったアドレスや存在しないアドレスに送金手続きを行うと、
消失する可能性がありますのでしっかりコピーすることを心がけましょう。

手順 ③:Bybitに国内取引所の送金アドレスをペースト&送金実行

続いてBybitトップページ「資産」より「現物」に進みます。「現物」 中部の「出金」をタップ。

送金する仮想通貨を選択します。今回はBTCを例に取り上げていますので、BTCを選びます。
先ほどコインチェックでチェックしコピーした「ビットコイン通常入金用アドレス」を
アドレスにペーストします。繰り返しですが、間違いのないようにペーストしてください。

ネットワークが「BTC」であるのを確認しコインチェックに送金するBTCの金額(数量)を入力。
出金手数料、受取金額(数量)を最終チェックの上、問題なければ「送金」をタップ。
Bybitからの出金手続きについては以上になります。

無事に出金申請の手続きが完了していれば、
下記のようにBybitから「出金完了のお知らせ」メールが届きますので、確認しましょう。

BTCの送金から着金までにかかる時間としては、
ネットワークの混雑状況次第ではありますが、10分前後が目安になります。

手順 ④:国内取引所にて対象仮想通貨の着金を確認

次にコインチェックで着金確認を行っていきます。
コインチェックトップページより「暗号資産の受取」をクリック。

ページ下部に進み「コインの受け取り履歴」を確認。「さらに読み込む」をクリックします。

すると「受け取りの詳細」が表示されます。受入日時、アドレス、金額(数量)、
トランザクションID、承認数、状態が「受け取り完了」になっていれば全てクリア。

コインチェックではインターフェースがシンプルで、どこに何の情報が記載されているかが、
直ぐに把握できるUI。仮想通貨の受入手数料についても無料なので安心して、慌てることなく、
受け取り手続きを実行していくことができるのも大きなメリットになります。

手順 ⑤:対象仮想通貨を日本円に換金

最後にコインチェックに着金したBTCを売却し日本円に換金する工程です。

コインチェックトップページより「現物取引」箇所より「売り」をクリックします。
レート、注文量を入力すると概算が表示されますので問題なければ「注文する」をクリック。
以上がBTCの売却手続きです。トップページを下にスクロールすると取引履歴が把握可能。

コインチェックの場合、仮想通貨の購入・売却では、
販売所(購入)・販売所(売却)ではなく、現物取引(取引所)を利用がマストです。
現物取引(取引所)では主要仮想通貨の扱いがBTCに限定されてしまうものの、
販売所で生じるスプレッド(販売価格)による上乗せ手数料が生じることはありません。
また、コインチェックの現物取引(取引所)ではBTC購入・売却ともに手数料0%
非常にお得なので中長期でBTCの枚数を増やしていきたい方はもちろん、
今回紹介のように他通貨の売買で最終的にBTCを現金化しリターンを狙う方にもおすすめです。

アプリDL数No.1 & 国内最大級の仮想通貨取引所

まとめ

Sweat Walletに貯まった仮想通貨SWEATをBybitに送金しUSDTに換金する方法。
BybitでUSDTを他の仮想通貨(本記事ではBTCを例にあげ)に換金し、
対象の仮想通貨を国内取引所(本記事ではコインチェックを例に)への送金手順を紹介しました。
改めて本記事において特に強調すべきポイントをQ&A形式で端的にまとめると以下の通りです。

  • SWEATの送金方法の一連の流れは?
    Sweat WalletよりSWEATを確認→BybitにてSWEATの送金アドレスを確認→
    Sweat Walletに送金アドレスをコピペ→SWEATの送金数量を選択&送金実行→
    BybitにてSWEATの着金を確認。一連の作業にかかる時間の目安は5分程度です。

  • SWEATを最終的に日本円にするにはどんな流れ?
    BybitにてSWEATを売却→SWEATのペア通貨USDTでBTCなどの主要通貨を購入→
    Bybitから主要通貨をコインチェックに送金→コインチェックで主要通貨を売却。
    上記の作業工程を経れば、しっかり日本円にできますのでご安心ください

  • SWEATや他の仮想通貨の換金や送金で気を付けることは?
    対象通貨専用の送金アドレスを確実にコピー&ペーストすること
    送金→着金までのトランザクションは瞬時の処理・反映ではないので慌てないこと
    コインチェックでBTCを売却する際には手数料無料の現物取引(取引所)を利用

  • SWEATを扱う海外取引所はいくつかあるけどBybitがおすすめな理由は?
    主な理由としては3つ。① 仮想通貨業界をリードする世界規模の取引所
    豊富な取引ボリュームで安心の流動性、③ 新規銘柄に早く対応し約220銘柄をカバー
    仮想通貨を開始される方はもちろん、口座開設がまだの方に利用価値は非常に大きいです。

20ドル相当のウェルカムボーナス&最大4,150ドル相当のお得な特典をゲット

  • 換金した主要通貨を国内取引所に送金する際にコインチェックがおすすめな理由は?
    3つあげられます。① 国内最大級の取引所で抜群の実績、② インターフェースがシンプルで
    高い操作性、③ 現物取引(取引所)でBTCの購入・売却手数料0。国内仮想通貨取引で、
    コインチェックをベースにしていくメリットは大。ぜひ口座開設をおすすめします。

最短5分で完了する無料の口座開設はこちら

仮想通貨SWEATの上場後も世界中でSweatcoinユーザー数を着実に増加させており、
現状で1.1億人以上ののユーザー数にまで到達しています。
世界60カ国以上でヘルスケア、ファイナンス分野のアプリDL数は堂々の1位を継続的に獲得中。
イギリス保健機構などの公的機関とも提携し多角的にヘルスケアの進展に寄与。
世界中のVCやパートナー数は600以上にも及ぶまさに世界規模のWeb3.0プロジェクトといえます。

現時点でSweat Walletリリース1か月後の段階で、
Sweat Walletは350万人以上のアクティブユーザー数。Sweatcoinユーザー数の増加に加えて、
Sweat Wallet内の豊富な機能実装も進んでおり、中長期でSWEATの価格高騰には期待がもてます。

運動を通じ健康維持はもちろん、楽しみながら、安全にSWEATの枚数を積み重ね、
リターンの獲得を目指していく上で、Sweatcoinは十分のポテンシャルをもつ有望なプロジェクト。
本記事で紹介のBybitコインチェック を活用していくことで、先行者利益を狙っていきましょう!

*仮想通貨の保有は、あくまで自己判断でお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました