【連携・使い方】Sweat Wallet(スウェットウォレット)を解説【最新版】

WEB3.0

こんにちは。甘鯛です。
今回は「Sweat Wallet(スウェットウォレット)の始め方・使い方・連携方法」がテーマ。
本記事は以下の読者様の課題解決にお役立ちできる内容となっています。

・無料でスタートできるMove to Earn(歩いて稼ぐ)Sweatcoinに興味がある方、
・Sweatcoinを利用しているがSweat Wallet(スウェットウォレット)がわからない方、
・Sweat Wallet(スウェットウォレット)の機能、今後の展開などを一通り把握したい方、
謎スリー
謎スリー

初期費用ゼロで始められるSweatcoinは魅力的!
けど、ウォレットの連携方法や機能ががよくわからない…

無料で開始できるMove to Earn(歩いて稼ぐ)として世界で大きな注目を集めているSweatcoin
2022年9月にはプロジェクトの仮想通貨SWEATが、
現時点では5つの大手取引所で上場し、Web3.0のプロジェクトとしてローンチされました。

大きな話題となっているSweatcoinの専用ウォレットの活用に関して
SWEATを通じて先行者利益の獲得を目指していく上で不可欠になってきます。
本記事の目的としては、Sweat Wallet(スウェットウォレット)についてゼロから解説の上、
読者様がSweat Wallet(スウェットウォレット)を安全の利用をご検討頂くこと。

結論:Sweat Wallet(スウェットウォレット)はSweatcoinユーザー必須

早速ですが本記事の結論から!

Sweat Wallet(スウェットウォレット)とは
世界で1.1億人超が利用するヘルスケアアプリSweatcoinでSWEAT管理に必須のウォレット

世界で1.1億人以上のユーザーをかかえ、
圧倒的な存在感を放っているヘルスケア・フィットネスアプリSweatcoin。
歩くことでSweatcoin(アプリ内ポイント)を稼いでいくことができます。

今回紹介するSweat Wallet(スウェットウォレット)でSWEATの管理を行います。
SweatcoinをSWEAT(仮想通貨)に換金することで他の仮想通貨への交換、NFT取引など。
後述する通り今後、多くの機能が実装されますのでSweatcoinユーザー必須のウォレットです。

2022年9月には、仮想通貨SWEATは5つの海外の主要取引所にて上場を果たしました。
SWEATを現金化する際には、海外取引所から国内の仮想通貨取引所への送金手続きがマスト。
国内最大級の仮想通貨取引所としておすすめなのがコインチェック です。
国内の仮想通貨取引所の口座開設がまだの方は無料なのでこの機会に済ませておきましょう。

以降では、Sweat Wallet(スウェットウォレット)の概要、ウォレットの作成方法、
各種機能、Seatcoinとの連携方法、SWEAT(Sweatcoin)の将来性などを掘り下げていきます。

Sweat Wallet(スウェットウォレット)の概要

まずはSweat Wallet(スウェットウォレット)のトレーラーをご覧ください。

Sweat Walletとは、Sweatcoinで受け取ったSWEATの管理に必要となるウォレットアプリ
Sweatcoinはユーザーが歩くだけでSweatcoinを獲得することができ、
無料で始められることから世界で1.1億人以上のユーザーをもつ大人気のヘルスケアアプリです。

集めたゲーム内ポイントであるSweatcoinを仮想通貨SWEATに交換可能で、
SWEATを受け取るためにはSweat Walletと連携しておく必要があります
既にSweatcoinを利用しているユーザーはもちろん、
新たにSweatcoinを始めるユーザーにとっても将来的にSweat Walletは必須。

稼いだゲーム内ポイントであるSweatcoinを仮想通貨SWEATに換金。
SWEATからビットコインやイーサリアムなどの他の仮想通貨に換金したり、
SWEATを売却することで現金化していく過程でSweat Walletを使用していきます。

また、後述しますがSweatcoinは単なるヘルスケア・フィットネスアプリの領域を超え、
本格的なWeb3.0プロジェクトとして、明確なビジジョンを掲げ進展していきます。
機能拡張や新機能の実装にともない一層、Sweat Walletが求められるシーンが増加する見込み

上記は、200万ウォレット作成までにかかった日数比較。
対象はSweatcoin、Axie Infinity、STEPN、SOLANA、AVALANCHEなど、
人気のブロックチェーンゲームや仮想通貨のウォレットとなっています。

Sweat Wallet:21日
・Axie Infinity:69日
・STEPN:150日
・SOLANA:270日
・AVALANCHE:350日

ご覧の通り他と比較すると驚異的なスピードで、Sweat Wallet作成が進んでおり他との差は歴然
世界で1.1億人以上のユーザーをもち2022年、ヘルスケア・フィットネス関連アプリにおいて
1番のダウンロード数を誇るSweatcoinの力強い需要と高い期待値をうかがい知ることができます。

SweatcoinとSWEATの違いは?:Sweatcoin=ポイント、SWEAT=仮想通貨

SweatcoinとWEATについて、
両者のポイントをわかりやすく整理しておくと以下の通りになります。

SweatcoinSWEAT
形態アプリ内のポイント仮想通貨
保存場所アプリSweat Wallet
換算方法
(*現時点)
・Free:1,000歩で1Sweatcoin
・Premium:1,000歩で2Sweatcoin
1Sweatcoin=1SWEAT
利用用途アプリ内のマーケットプレイスで、
ギフトカード交換など
・仮想通貨取引所での換金
・ペイメント
・ステーキング
・NFT購入など
仮想通貨との換金不可可能
現金化不可可能

SweatcoinとSWEATを端的にいうと、
Sweatcoin=アプリ内のポイント、SWEAT=仮想通貨という認識でOK。
ただ、上記の通り単にSweatcoinアプリを利用し、
Sweatcoinを獲得しているだけではポイントを貯めていることと同じです。
仮想通貨SWEATとして多くの用途で利用していくには、一例として示す以下の手順が必須。

Sweatcoinアプリを利用して歩いてSweatcoinをゲット
Sweat WalletにてSweatcoinをSWEATに交換
SWEATをBTCやETHなどの他の仮想通貨と換金
換金した仮想通貨を国内仮想通貨取引所に送金
目的に応じて保有継続あるいは売却することで現金化

よって、まずはSweatcoinアプリでしっかり歩いてSweatcoinを獲得していくこと。
加えてSweat Wallet(iOS版・Android版)の作成と国内の仮想通貨取引所で口座開設が必要です。
国内の仮想通貨大手取引所としては、コインチェック がおすすめ。
筆者は4年以上、コインチェックを利用していますが、おすすめポイントは以下の通りです。

国内最大級の仮想通貨取引所 
仮想通貨取引所アプリのダウンロード数No.1
(※ 対象:国内の仮想通貨取引アプリ、データ協力:AppTweak)
東証プライム上場のマネックスグループ傘下で徹底したセキュリティ体制
国内取引所トップクラスの18種類の仮想通貨銘柄の取り扱い実績
国内取引所で初のNFTマーケットプレイスCoincheck NFT(β版)では手数料が無料
初心者にもわかりやすい操作でシンプルなインターフェースに定評あり
コインチェック

特に⑥であげたシンプルで無駄のないユーザーインターフェースで大変使いやすいのでおすすめ
ネット銀行や証券の画面上でありがちな「わちゃわちゃ感」が排除されスッキリしているので、
初心者にとっても安心・安全に利用することができる実績に裏打ちされた取引所になっています。
実際に多くの仮想通貨ホルダーがコインチェックを利用中。他取引所と比較しても差は明白です。

Sweatcoinアプリでしっかり歩く→Sweat WalletでSWEATに換金→国内取引所への送金。
上記がSweatcoinにおけるオーソドックスな稼ぎ方、SWEATの運用・管理方法になります。
Sweat Walletの作成とコインチェックで無料の口座開設をこの機会に済ませておきましょう。

アプリDL数No.1 & 国内最大級の仮想通貨取引所

Sweat Wallet(スウェットウォレット)の機能

Sweat Wallet(スウェットウォレット)に実装される各機能をチェク。
単なるSWEATの受け皿ではなく、ユーザーにとって嬉しい機能が大きく4つ備わります。

転送(Transfer)

獲得した仮想通貨SWEATを多のユーザーへの送金、他ユーザーからの受金できます。
多くのNFTゲームではトークンの転送機能が未実装のものが多いです。しかし、Sweatcoinでは、
SWEATの転送でユーザーは他ユーザーとの双方向的なやり取りを行うことが可能になりました。

同様に、SWEATが上場する仮想通貨取引所にSWEATを送金することもできるようになりました。
【BybitへSWEAT送金】Sweat Wallet(スウェットウォレット)活用では、
Sweat Walletで貯めたSWEATをBybitに送金・換金の上、国内取引所に送金し売却することで、
日本円にするまでの川上から川下の一連を徹底解説。Sweat Wallet活用術として必見の内容です。

ステーキングとリワーズクラブ(Staking & rewards club)

ステーキング及びリワーズクラブにより
ユーザーはより高い利率でSWEATを獲得していくことができるようになります。
最適化されたアプリで、手数料の軽減、SWEATのミント上限引き上げなどの特典。

クレジットカード決済(Fiat on-ramp)

クレジットカード決済によりSWEATの購入が可能になります。
また、Sweat Wallet(スウェットウォレット)上で他の仮想通貨の取り扱いスタート予定。
SWEAT以外の主要仮想通貨が扱われることでユーザーにとっては格段に利便性が向上します。

NFTとゲーム(NFTs & games)

Sweatcoinで使用可能なNFTやユーザー同士のゲーム機能が実装予定です。
詳細は不明ですがウォーキング時に使用するシューズやウェアなどのNFTの可能性。
ユーザー間の対戦ゲームモードも加わり、さらなる機能拡充が見込めます。

Sweat Wallet(スウェットウォレット)のロードマップ・将来性

Sweat Wallet(スウェットウォレット)の展開についてロードマップをもとに確認していきます。

《2023年〜2024年》
Sweat DAO
NFTマーケットプレイス
・他仮想通貨の取引対応(DEX統合)
・仮想通貨マーケットプレイスのオファー対応

上記の中で注目すべきは、Sweat DAOによる分散型の自律組織化を目指すところです。
DAOは簡潔にいうと、参加者の投票により組織の方向性を決定していくWeb3.0の1ジャンル。
DAO化によりSweatcoinが本格的にWeb3.0のプロジェクトとして進展の可能性を秘めています。
また、NFTマーケットプレイスの始動により、プロジェクトの更なる活性化に直結。

《2025年》
・運動全般のサポート
・運動分析
サイクリングやスイミングなどの新たな運動のサポート

2025年で注視すべきは、現行のウォーキングに加え、
サイクリングやスイミングなどの新ジャンルが追加される可能性がある点。
幅広くフィットネスを通じて、ユーザーの健康維持を支えていこうとする姿勢がうかがえます。

Sweat Wallet(スウェットウォレット)作り方・連携方法

Sweat Wallet(スウェットウォレット)の作成・連携について順番に解説していきます。
大まかな手順としては3つに分類され以下の通り。

手順 ①:Sweatcoinアプリをあらかじめダウンロードしておく(済の方は手順②から)
手順 ②:Sweat Wallet(iOS版・Android版)アプリをダウンロード
手順 ③:Sweat Walletの各種設定

手順 ①:Sweatcoinアプリのダウンロード

まずはSwetcoinアプリをダウンロードし、アプリ内ウォレットを作成
【始め方・稼ぎ方】Sweatcoin(スウェットコイン)解説【STEPN比較】では、
初めてSweatcoinを開始される方に向けてSweatcoinをゼロから徹底解説しています。
細部に渡り解説しており、アプリ内ウォレットの作成ももちろんカバー。本記事とあわせて、
ご参照頂くことでSweatcoin、Sweat Walletの理解がさらに深まる構成。要チェックです。

Sweatcoinアプリのダウンロードとメールアドレスの登録などとアプリ内ウォレットの作成まで、
約2分で完了します。いずれも簡略化された操作なのでサクッと済ませておきましょう。

手順 ②:Sweat Walletアプリをダウンロード

続いては、Sweat Wallet(スウェットウォレット)の作成を行っていきます。
iOS版あるいはAndroid版をダウンロード。以降ではiOS版を事例に解説を進めます。

手順 ③:Sweat Walletの各種設定

Sweat Wallet(スウェットウォレット)の作成の後、
自身のSweatcoinアカウントとの連携を進めるにあたり各種設定を行っていきます。

作成後には以下左の画像が表示されますので、「Login with sweatcoin」をタップ。
次に表示される「Approve login」をタップすると、
ユーザーのSweatcoinアカウントとSweat Wallet(スウェットウォレット)の連携が完了します。

Sweat Wallet(スウェットウォレット)ダウンロードから
Sweatcoinアカウント連携完了までシンプルでかかる時間は約2分と短時間で済みます。

あとは各種確認事項になります。
SweatcoinとSWEATの連動をチェックし「Let’s start」をタップ。
SWEATは歩くことで還元されるという基本説明を確認し「Next」で進みます。

将来のSWEAT生成についての簡易説明を確認し「Next」をタップ。
最後に以下右の画像が表示れれば、全ての手続きが完了になります。

SWEATのエコシステム

持続的なWeb3.0プロジェクトを実現していく上で、上述のSWEATのアロケーションに加え、
SWEATの需給バランスの調整や生成メカニズムに関しても同様に欠かせないものです。
SWEATを支える3つのエコシステムについて確認していきましょう。

SWEATの需給バランスの調整

Sweatcoinアプリで歩くことでSweatcoinがユーザーに還元されます。
1Sweatcoin=1SWEATとして換算されSWEATは仮想通貨扱い。
SWEATの発行枚数の上限はありませんが供給過多になり、
需給の均衡が崩れてしまうとSWEATの実質的な価値が損なわれるリスクがあります。

SWEATのエコシステムでは、需給バランスを適切に保っていくために
ユーザー保有の10%(SWEAT生成時)のみが解除され、残り90%は24ヶ月後に流動されます。
SWEATの需要と供給を見定め、明確な基準から市場のバランスを維持し調整していくみ仕組み。

SWEATのバーン


世界で1.1億人以上のユーザーをもつSweatcoinアプリにおけるSweatcoinは、
膨大なユーザーをかかえていてもあくまでアプリポイントの位置付けでした。

ところが、2022年9月12日に仮想通貨SWEATとして、
BYBIT、FTX、OKX、BITFINEX、KUCOINにて上場(本記事執筆時点)を果たしました。
すなわち、従来形のWeb2.0のフィットネス・ヘルスケアアプリから
Web3.0領域のブロックチェーンプロジェクトへと進展したことを意味します。

先述の通り驚異的なスピードで多大なSweat Wallet(スウェットウォレット)が作成され、
現状ではSweat Wallet(スウェットウォレット)のユーザー数は1,200万人以上。
名実ともにレベルの高いプロジェクトである点は間違いありません。

だからこそ、市場における過熱やインフレを抑える目的で、
既存の45億枚のSWEATをバーンさせることで1SWEATあたりの実質価値の担保を発表しました。
45億枚のSWEATは全体供給の約15%に相当しており、大規模なバーン。
市況を踏まえ、定期的なバーンの実施でより健全なエコシステムの保全に寄与していきます。

SWEATの今後の生成モデル

Sweatcoinは歩くことでアプリ内ポイントであるSweatcoinが還元され、
Sweat Wallet(スウェットウォレット)を通じ仮想通貨SWEATを獲得していくのが基本。
現在から今後のSWEATの生成率に関しては、以下の見通しとなっています。

現在:1,000歩→1SWEAT
2023年:1,000歩→0.33SWEAT
2024年:1,000歩→0.19SWEAT
2027年:1,000歩→0.06SWEAT
2032年:1,000歩→0.02SWEAT

年々SWEATの生成レートが減少していく傾向となっているのは明白です。
SWEATの実質価値については、将来的な推移を予測していくのは難しいところ。
ですが、Sweatcoinアプリユーザー数に加え、
Sweat Wallet(スウェットウォレット)のユーザー数の増加スピードを踏まえると、
今後のSWEATの実質価値の適正をはかる点で経年で生成レートの低下は妥当な施策です。

1,000歩あたりのSWEATが減少するので直接的にユーザーにとっては良い話ではありません。
ですが、腰の強い健全なエコシステムを持続していく上でSWEAT供給量の調整は欠かせません。
いずれにしても、先行者利益を着実に獲得していく可能性を秘める現在
早めに無料でスタートできるSweatcoinアプリを利用しておく重要性が増していきます

SWEATのアロケーション

仮想通貨SWEATのアロケーションを確認していきます。高配分の順に並べると以下の通り。

・財団資金(Foundation treasury):27.71%
ロックドロップ(Lockdrop):25.0%
・運営会社(SweatCo Ltd):22.0%
・チームとアドバイザー(Team and advisors):10.092%
エコシステム(Ecosystem):7.02%
・プライベートラウンド(Private round):3.33%
・シードラウンド(Seed round):2.68%
パブリックセール(Public Sale):1.33%

マークをした3箇所が直接的にユーザーに関わるところですが、
3項目の合計は全体の33%となっていることからしっかりユーザー目線であることが明白です。
また、運転資金やプロジェクトの投資配分など、偏りのないバランスに優れたアロケーション

ホワイトペーパーで明示されている通り、
Sweatcoinはもはやフィットネス・ヘルスケアアプリではありません。
SWEATが仮想通貨となったことで中長期で進展するWeb3.0プロジェクトとしての位置づけ。
プロジェクトの根幹となるSWEATの適切なアロケーションが持続的な成長に直結していきます。

Web3.0(Webにおける非中央集権)に関しては、以下の記事で徹底解説しています。
【厳選】Web3.0おすすめ銘柄とは?結論:最優先はイーサリアム!【仮想通貨編】では、
Web3.0をそもそも論からWeb3.0関連の仮想通貨銘柄をわかりやすく解説。
Sweatcoinが目指す方向性であるWeb3.0概念の理解に役立つ内容です。ぜひご参照ください。

Sweatcoin(SWEAT)のパートナー

Sweatcoin(SWEAT)プロジェクトには600以上のパートナーがあり、
ヘルスケアを通じたWeb3.0プロジェクトとして多方面から大きな注目を集めています。

とりわけ著名な出資機関・パートナーは以下の通り。

SPARTAN
大手金融機関などの出身メンバーが集まるVC(Venture Capital)。
新興のデジタルアセットへのアプローチを行っています。

OKEx Blockdream Venture
親会社はOKXというマルタを拠点の大手の仮想通貨取引所。
SWEATの上場先の1つにOKXがあります。

NEAR FOUNDATION
ブロックチェーンNEARの財団法人。
SweatCoinはNEARブロックチェーン上で構築されています。

SANDEEP NAILWAL
Polygonの共同創業者。
Polygonとはイーサリアムの発展を目的とする注目のチェーン。

2022年9月には、BYBIT、FTX、OKX、BITFINEX、KUCOIN(現時点)の5つの取引所にて
仮想通貨SWEATが上場を果たしました。いずれも世界を代表する取引所における上場で、
グローバル規模での高い注目度は明白。今後の上場取引所の拡大も十分に期待できます。

また、イギリス政府が運営する国民保険機構NHSともパートナーシップを組み
Swetcoinで収集されたユーザーのデータを用いた研究開発が進行中
Web3.0プロジェクトとして収益性のみではなく、
ヘルスケアの領域から、私たちの健康維持の貢献を目指していく姿勢は素晴らしいです。

Sweatcoin(SWEAT)同様に、
無料で開始できるおすすめの歩いて稼ぐ系としてはBitWalk(ビットウォーク)。
【評判・口コミ・仕組み】BitWalk(ビットウォーク)を解説【始め方・出金】では、
BitWalk(ビットウォーク)を徹底解説。Sweatcoin(SWEAT)との併用も可能で、
還元対象がビットコイン(BTC)であるのも嬉しいところ。ぜひご参照ください。

まとめ

以上より、Sweat Wallet(スウェットウォレット)の概要、ウォレットの作り方・始め方、
各機能紹介、Seatcoinとの連携方法、SWEAT(Sweatcoin)の見通しなどを解説してきました。
とりわけ本記事で強調したい要点をQ&A形式をとり、至ってシンプルにまとめておきます。

  • Sweat Wallet(スウェットウォレット)はどんな人に必要?
    既にSweatcoinを利用している方、あるいは、これからSweatcoinを利用していく方
    SWEATの管理に加え、今後実装される多くのシーンでSWEATを活用していく上で、
    Sweat Wallet(スウェットウォレット)が起点となるケースが多くなるからです。

  • SweatcoinとSWEATの違いは?
    Sweatcoin=Sweatcoinアプリ内ポイントSWEAT=Sweatcoin連動の仮想通貨
    現状ではSweatcoinアプリを用いて1,000歩のウオーキングで1Sweatcoinが獲得可能です。
    1Sweatcoin=1SWEATですが、上記の通りSweatcoin=ポイント、SWEAT=仮想通貨。

  • Sweat Wallet(スウェットウォレット)の主な機能は?
    SWEATの転送ステーキングとリワード特典クレジットカード決済NFTやゲームなど。
    本格的な機能実装を予定しています。Sweatcoinは原則無料で開始可能で、
    原資回収に縛られることなく多機能のウォレットが使用できるのは特筆すべきポイント。

  • Sweat Wallet(スウェットウォレット)で必要な手順は?
    Swetcoinアプリをダウンロード→アプリ内ウォレット作成→歩いてSweatcoinを稼ぐ
    →Sweat Wallet(スウェットウォレット)iOS版・Android版の作成
    Sweatcoinと連動しSWEATがウォレット内にSWEAT貯まっていく仕組み

  • ズバリSwetcoinはおすすめ?
    多くの方におすすめできます。世界規模のヘルスケア・フィットネスアプリから今後は、
    仮想通貨SWEATを介し多くの機能が実装予定です。Sweatcoinは無料始めることが可能で、
    注目すべき期待大のWeb3.0プロジェクト。健康維持と収益性の点からおすすめです。

2022年9月13日に仮想通貨SWEATが主要5つの海外取引所に無事上場を果たしました。
無料で気軽にスタートできるヘルスケア・フィットネスアプリSweatcoinは世界中で、
ユーザー数1.1億人超。SWEATを軸にプロジェクトの多面的な展開される見通しで
SWEAT価格高騰の期待大。SWEATを現金化する際に海外取引所からSWEATを送金する工程で、
国内の仮想通貨取引所の口座が必須になってきます。国内最大級の仮想通貨取引所として、
おすすめはコインチェック 。最短5分の口座開設を済ませ、先行者利益の確保に備えきましょう!

最短5分で完了する無料の口座開設はこちら

*仮想通貨の保有は、あくまで自己判断でお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました